2007年06月12日

不調者さんの声

不調者さんの声(79歳 女性)

6月1日 初来院
冷え症、肩こり、腰痛、左目が見づらい、便秘気味である等を訴えていました。

この不調者さん
初めは全く信じてくれませんでした。
身体が良くなることを自らあきらめていました。

私はそれでも希望を持ってもらいたいと思いました。

話を伺っていると旅行に行きたいことが分かりました。

私はその希望を叶えてあげたいと思い、
続けて通うように指導しました。

2〜3回目でも
「まだよくならない まだよくならない」
と言っていましたが

前回(5回目)から
なんとなく身体が軽くなったような気がする
とのこと。

そして6回目
この不調者さんは施術中、ポツリとつぶやきました。

「左目もよく見えるようになってきて
日本地図を見たんです」

「お腹の調子もよくなってきたし・・・」

「どこか旅行に行きたい気持ちになったんですよ」
「温泉に行ってみたいです」

「今まではあきらめていたのにね・・・」

その言葉を聞いたとき、
私は 本当にうれしくなりました。

次はこの不調者さんが

「旅行に行って来ましたよ」

と笑顔で話してくれる日を楽しみに
回復させてあげたいと思いました。

療術の世界に生きる者にとって
何よりうれしい不調者さんからの声でした。
【関連する記事】
posted by ひろ at 18:31| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらも嬉しくなりますね
朝の定例会議で詳しく報告して下さい。^^
Posted by みつ at 2007年06月13日 01:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。